様々なバリアフリー設備

ベッド

介護のためにリフォームをするにあたって、まずは介護を必要とする人間がどのような点で不便さを感じているかということを分析する必要があります。聴力が低い場合には、音量調整に加えてランプを点滅させるタイプのインターフォンを導入することになります。
四肢にしびれなどが発生している場合には、介助者が介護対象者を抱きかかえて運べるように廊下を広くします。

このように住宅と介護対象者の特徴を療法理解することがリフォームの第一段階となります。

住宅でのリフォーム
住宅でのリフォームに際しては、バリアフリーを目的とした設備などを取り入れることもあります。それとは逆に住宅そのものを変えることによってバリアフリーを達成することもあります。

福祉用具と呼ばれる道具を用いる場合には、住宅に手を加えなくてもリフォームを完了させることができることもあります。人によっては障害者支援費制度を利用することによって、リフォームにかかった費用の一部を支払ってもらうことも可能になっています。

介護リフォームをする

ハワイアン

介護リフォームをするには、介護リフォームを数多く手掛けている業者などに依頼することで、さまざまな注意点などをアドバイスしてもらうことができます。例えば、手すりの取り付けなどでも、取り付ける高さによって使いやすさが変わります。
費用は、リフォームの内容によって異なります。介護リフォームでは、補助金を支給している自治体なども多いので利用すると費用を安く済ますことができます。

補助金を利用するためには条件があったり、金額もそれぞれで異なったりしますので、事前に調べる、あるいは自治体の窓口に相談することが大切です。

介護リフォームの目的とその方法
高齢者の増加に伴い、国の政策にも様々な変化が生まれたことをきっかけにして、介護リフォームが着目されるようになりました。介護リフォームは介護を必要とする人間の安全性を高める目的のために行われる工事です。また、介護やケアをする人間の動線を確保したり効率性を高めることも目的の中に含まれています。

専門用品を購入するという形ではなく、工務店などに依頼して直接自宅を改装するというスタイルが最も一般的な方法です。

バリアフリー住宅とは

職人

バリアフリー住宅とは、体力が衰えたり、障害がある人も快適に暮らすことができる家のことを言います。バリアフリー住宅にすることで、介護の負担も減らすことが可能になります。

最初からバリアフリー住宅である場合には問題はありませんが、そうでない住宅に住んでいるケースでも、介護リフォームをすることによって家をバリアフリーにすることが可能です。
自力で歩ける場合には、手すりなどを取り付けることによって転倒などの事故が防げます。また、段差をなくすことも転倒防止となります。